工場や店舗で雨漏りが起きた際の被害の特徴

工場や店舗の屋根は面積も広く、雨漏り修理の方法も一般のお家とは異なる場合がございます。
「強い雨が降った時しか雨漏りしないから…」と雨漏り箇所を放置していると、別の場所からも雨漏りが発生して躯体を傷めてしまったり、結果的に被害が拡大してしまうこともあります。
このページでは、工場や店舗で雨漏りが起きた際の被害の特徴などをまとめてご説明させていただきます。

工場店舗の雨漏り被害① 製造・保管製品の被害

工場や店舗、倉庫などで雨漏りが起きた際、一番多い被害といえば、製造または保管していた製品の被害です。

一度水濡れしてしまうと、どのような商品であろうとその価値は著しく低下し、大きな損害となってしまいます。
また工場の場合は大量の在庫や製造に必要な材料が保管されていることが多く、大規模な雨漏りの発生に気づけたとしても、それらを即座に移動させることが難しい場合もあるため雨漏りによる被害が大きくなりがちです。

工場店舗の雨漏り被害② 機械や製造設備の被害

工場や倉庫には様々な精密機械や製造設備が稼働しております。
それらの製造機械は水や湿気に弱く、特に基盤や液晶を搭載している製造設備は、少しの水濡れでも故障してしまうことがあります。
またこういった機械は重量のある物も多いため、雨漏りを発見できたとしてもすぐに移動することが難しい場合もあります。

修理で直らなければ、多額の費用をかけて製造設備の入れ替えを行う必要があり、一時的に工場や倉庫の操業が止まってしまうことによる損失も発生してしまいます。
これは納期の遅れ、ひいては顧客の信用問題につながる恐れもあります。

工場店舗の雨漏り被害③ 漏電からの火災発生リスク

雨漏りにより設備などの配線が水に濡れると漏電する可能性があります。
また水濡れした高電圧の設備に誤って触れてしまうと感電してしまう恐れもあり、重大な人的被害に発展してしまうリスクもあります。

そして、漏電が火災の原因となってしまうこともあり、最悪の場合工場や店舗、倉庫全体の被害や人命にかかわるリスクにつながりかねません。
漏電火災の最も大きな原因は雨漏りによる電気設備の絶縁性能の低下といわれていますので、雨漏りを放置していることでの漏電火災も気を付けていく必要があります。

工場店舗の雨漏り被害④ 建物への直接的な被害

最後は、雨漏りからの建物自体への直接的な被害についてです。

一般住宅と異なり寝起きをするわけでもない工場や倉庫の雨漏りは、操業に影響が出ない場合、修理や補修などの対策が後回しにされてしまいがちです。
また多様な面で経費がかかってしまうことから、工場店舗、倉庫の小さな不具合や劣化は放置されてしまうことが多いのです。

最初にも申し上げましたが、雨漏りした箇所を放置していると建材の腐食が進んでしまい、他の箇所からの雨漏りを引き起こしたり、最終的には大規模な修繕費用がかかってしまうなどの大きなリスクがあります。
前述のような複数の被害につながりかねず、甚大な被害に及んでしまう危険もあります。

工場店舗や倉庫の雨漏りは放置せず信頼できる屋根専門業者に

工場や店舗、倉庫の雨漏り被害は多岐にわたり、また被害規模も非常に大きくなる場合があります。
だからこそ、はじめは少しの雨漏りでも、最終的に甚大な被害に繋がらないように早めに対策を行う必要があります。

屋根リフォーム東三河は、昭和24年創業、約70年以上の歴史をもった株式会社ウチダの屋根リフォーム事業部です。
今までの経験を活かし、ただ"雨漏りを修理する"のではなく、皆様がお使いの工場店舗や倉庫の"これから"を考えた修理をご提案いたします。また自社工場があるので、それぞれの店舗や工場の屋根形に合わせた屋根材の加工を行うことが可能です。

雨漏りに関する屋根の診断やご相談は無料ですので、まずはお問合せ下さいませ。

  • お気軽にご相談ください
  • おすすめの商材
  • 工場屋根塗装
  • 倉庫・ガレージ
豊橋、豊川の工場・倉庫・店舗の雨漏り修理・屋根の工事なら屋根リフォーム東三河