工場、店舗の雨漏りの特徴や原因

皆さまの職場の工場や店舗などで日々お過ごしの中で雨漏りが起きていたりしませんか?
はじめはほんの少しの雨漏りでも、それを放置しておくと思いもよらぬ重大な被害を引き起こすこともあります。
このページでは、雨漏りの発生から危惧される危険性などについてのご説明をさせていただきます。

工場や店舗の雨漏りの特徴

まずはじめに、工場は一般的に部品などを製造するために多くの精密機械が設置されていることが多い建物です。
店舗も同様に、たとえば調理器具や会計機械など、高額で精密な機械が多く置かれています。
またこのような設備はいわずもがなですが水や湿気に弱く、また高額なものが多いため、一般住宅の雨漏りよりも被害が大きくなることが容易に推測できます。

はじめは見逃してしまうような雨漏りでも、その雨漏りを放置していると思いもよらぬ重大な被害に繋がりかねません。
特に工場は屋根の面積も大変広く、一度雨漏りが起きてしまうと躯体を傷め、結果的に大規模な修理に繋がってしまうことも多いので、まずは工場や店舗によくみられる雨漏り箇所から見ていきましょう。

雨漏りの原因① スレート屋根の劣化

工場や店舗の屋根に多く使用されるのが、こちらのスレート屋根材です。

本来スレートは粘板岩を薄い板状に加工したもので、これを「天然スレート」と呼びますが、それに対して屋根材によく使用されるのは「化粧スレート」と呼ばれるセメントに繊維素材などを混ぜ加工したものを指します。スレート以外にも「コロニアル」や「カラーベスト」といった商品名で呼ばれることもあり、現在屋根材としては最も普及しているものです。

このスレート屋根材は経年による劣化でひび割れが発生し、そこからの雨漏りがよくある原因となります。
一度雨漏りが起きてしまうと、下地まで浸食をしているケースもあり、また小さな雨漏りが他の箇所の雨漏りを誘発する恐れもありますので、たとえ目に見える雨漏りは一部分だとしても、全体にも雨漏りが起きている可能性も考える必要があります。

雨漏りの原因② 折半屋根材の錆

ほかにも、工場などの屋根に多く使用されるのが、折版屋根材です。
これらは主にガルバリウム鋼板などの金属材を使用しておりますが、これを屋根の梁の上に取り付けたタイトフレームにボルトなどで固定しますが、このボルトなどの金属部材が錆びて腐食することでの雨漏りも原因の大きなものになります。
ボルトが錆びると、その錆が折板屋根にも移ってしまい、雨漏りに繋がります。

最初は一つのボルトの錆から部分的な雨漏りだとしても、腐食は気づかないうちに進行してしまいますので、定期的に屋根の診断などから留め具や腐食の確認をしていくことをお勧めいたします。

原因の発見や根本的な解決は信頼できる屋根専門業者に

工場や店舗には、使用される屋根材や部材によって発生しやすい雨漏りの原因があります。
少しの雨漏りでも重大な危険につながる可能性もありますので、少しでも気になりましたらお気軽にご相談ください。

屋根リフォーム東三河は、昭和24年創業、約70年以上の歴史をもった株式会社ウチダの屋根リフォーム事業部です。
今までの経験を活かし、ただ"屋根だけ修理する"ではなく、お客様のお家の"これから"を考えた屋根をご提案いたします。また自社工場があるので、それぞれの店舗や工場の屋根形に合わせた屋根材の加工を行うことが可能です。

屋根の診断は無料ですので、まずはお問合せ下さいませ。

  • お気軽にご相談ください
  • おすすめの商材
  • 工場屋根塗装
  • 倉庫・ガレージ
豊橋、豊川の工場・倉庫・店舗の雨漏り修理・屋根の工事なら屋根リフォーム東三河